1800名を超える政治家が”ブルーリボンバッジを着用する”と共同声明に賛同(令和5年5月15日時点)

 

 1800名を超える政治家が共同声明に賛同してくださっています。ここまで増えたのも皆様のおかげです。ご協力に心から感謝いたします。地方議員が中心となって始まった活動ですが、じわじわと国会議員の加入が増えてきました。
(※ 各都道府県ごとの地図データは令和5年5月15日時点)

 合言葉は「誰かの勇気になりたくて」です。
 安倍元総理が凶弾に倒れた中、拉致問題は風化していくのではないか?という不安の声もございました。
 もしも、落ち込む誰かがいたならば、せめて傍で寄り添いたいという願い。

 もしも不安に思う人がいるならば、風化はさせないと立ち上がるのは地方議員であるべきです。広報啓発に関しては、国よりも地方行政が主力です。
 安倍元総理の代わりなど誰にも務まりはしませんが、皆で力をあわせて拉致問題の風化阻止に全力を尽くしていきたいと思います。

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明(現在の賛同者リスト一覧)

 

 

会の軌跡

簡単な会の系譜を公開いたします。

 

令和4年8月10日 共同声明文 最終稿確定
令和4年8月11日 大阪拉致議連の総会
令和4年8月22日 ホームページ公開
令和4年8月24日 賛同議員100名を突破を報告
令和4年8月26日 第一次提出・北村つねお事務局長(100名)
(※ 500名の賛同をハードルに、古屋会長への面会要望を北村事務局長に要望)
令和4年9月 7日 賛同議員500名を突破
令和4年9月 8日 第二次提出・古屋圭司会長( 500名)
令和4年9月15日 賛同議員600名を突破
令和4年9月16日 第三次提出・ブルーリボン訴訟において627議席の署名を提出
令和4年9月27日 賛同議員700名を突破。安倍元総理の国葬儀
令和4年10月3日 自民党本部にて、事務局長に報告
令和4年10月5日 第四次提出・自民党本部・拉致対策本部室にて山谷えりこ参議院議員に提出
令和4年10月5日 北朝鮮に拉致された日本人を救う会全国地方議員連盟会長の松田良昭神奈川県議会議員に報告
令和4年10月11日 賛同議員800名を突破。
令和4年10月20日 賛同議員900名を突破。都道府県別のソート作業。
令和4年10月25日 第五次提出・公明党拉致対策委員長の竹内譲衆議院議員に提出。自公の足並みが揃う。
令和4年11月 8日 賛同議員1000名を突破。
令和4年11月11日 賛同議員1111名を突破。
令和4年11月25日 第六次提出・拉致問題を取り組んできた主要各党にご挨拶と報告。立憲、維新、国民が賛同。
令和4年11月25日 自由民主党拉致対策本部より各都道府県連会長・幹事長に、共同声明を紹介の形で通達を発出。
令和4年12月 2日 賛同議員1200名を突破。
令和4年12月16日 賛同議員1300名を突破。
令和5年 1月22日 賛同議員1400名を突破。
令和5年 2月 6日 第七次提出。救う会全国協議会西岡力会長、自由民主党阿部事務局長。
令和5年 2月27日 賛同議員1500名を突破。
令和5年 3月13日 賛同議員1600名を突破。
令和5年 3月16日 賛同議員1700名を突破。
令和5年 5月15日 賛同議員1800名を突破。

 

まだお声がけが行き届いていない都道府県もあろうかと思います。

今後、さらに増加していくものと期待しています。

 

 

賛同者リスト一覧

現在の賛同者リスト一覧
各県ごとの賛同議員のリストをご覧ください。

拉致被害者救出のため強い覚悟をもってブルーリボンバッジを着用する共同声明
 貴方の住む街においても、その地域を愛する政治家が着用してくださるものと信じています。是非、ご地元の地方議員の先生に、各HPの問い合わせフォームやFacebookやTwitterなどで賛同して頂けるようお願いしてください。  私たち政治家...

 初期においては賛同順の先着で掲載しておりましたが、人数が増加したため現在は都道府県ごとの記載としております。
もし誤記・重複等がありましたら可及的速やかに対応させて頂きますのでお問い合わせよりご連絡をお願いします。

 万が一はないとは思いますが、ご自身のお名前が正確に表示されているかを再度、ご確認をお願いいたします。
※ HPの仕様により、旧字体(吉など)がHPの仕様で表示できません。今後の改善課題としております。

個別の問合せが増加したことを受け、以下のようにFAQを公開させて頂きました。

FAQ:よく頂く質問と回答
よく頂く質問と回答 ブルーリボンを守る議員の会の目的は何ですか?  ブルーリボンを守る議員の会(以下、「会」と省略)の基本的な目的は、拉致被害者救済活動の象徴的な存在であるブルーリボンバッジを”覚悟をもって着用”することを一人でも多くの政治...

 

 

 

共同声明へのご賛同をお願いします。

 できればオンラインでの賛同をお願いしています。お恥ずかしながら賛同者一覧への掲載などは手動でやっており、事務負荷が激増しています。お名前に誤字脱字や重複がないか相当に気を使っていますが、ここまで増えるとは想定していませんでした。FAXや書面での送付も有り難いのですが、できればオンラインが助かります。

新たに名を連ねて頂ける先生は、下記より入力をお願いいたします。

 

この記事を書いた人
行橋市議会議員 小坪慎也

行橋市議会議員。当選三期。
保守系ブロガーとして活躍、月間30万人(最大値)の訪問者数を誇る。
正論など保守系雑誌にて寄稿。(救う会福岡 副代表)

行橋市議会議員 小坪慎也をフォローする

コメント (応援があると励みになります。)

タイトルとURLをコピーしました